進化の輝石の奇跡の軌跡 ORASシーズン17 ~やっとこさ1800へ~
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORASシーズン17 ~やっとこさ1800へ~

シーズン17、ラストシーズンお疲れさまでした!


今シーズンもいろいろ忙しく、今のパーティの形が完成したの8月のギリギリで、100戦しようとは思ったんですが、途中で欠陥に耐えられなくなり無理でしたw


ただ、自身最高レートである1821を達成することができ、短い期間で頑張れたと思います!

今更1800達成したのかよ、ザコwwwって思う人もいると思いますが、そうです。私はザコです。




今回はこんな感じ


全部♂ですが、個体変えたりしたので実際とは違ったりします



( ) はメガシンカ後の値です。

ボスゴドラ @ボスゴドラナイト

がんじょう(フィルター) わんぱく
175-157(187)-228(283)-×-80(100)-70
ヘビーボンバー/れいとうパンチ/ばかぢから/どくどく


私がシーズン12から使い始め、私が「最強のメガ枠」とも称する、ORASで最も好き度が上がったポケモン!


今回は、このポケモンが最後に入ってきました。

当初、妖の一貫を切れて、クチートに強い炎ポケモンを入れていたんですが、2メガじゃないとメガサメハダーがバレバレなので、条件を満たすメガ枠として採用。

腕白にすることで、メガクチートの剣舞不意打ちを2耐え、メガガルーラのグロウ+地震まで確定耐え、と一瞬ダメ計をミスったんじゃないかとビビる数値。

ポリクチクレセの並びが重かったのと、火力が不足しているので、毒々を採用。


技範囲の狭さから、バシャドランに強引な仕事ができなくなったものの、相変わらずこのポケモンは刺さってる。


調整こそ違いますが、前も説明したはずなので割愛します笑



ブリガロン @ラムのみ

ぼうだん いじっぱり
191-174-147-×-95-84
しねんのずつき/ばかぢから/やどりぎのタネ/ニードルガード→ストーンエッジ


対面構築の要。

ガブガルゲンボルトバシャスイクンという一般的な並びのうち、バシャーモ以外には不利を取られないという神ポケモン。

飛行タイプへの打点が欲しく、アローに起点にならないようにニードルガード→ストーンエッジになりました(本当は草技も欲しい)


XYでは、「ブリガロンはゲンガーに強い。」と言われてきました。しかし、ORASでは鬼火催眠などの状態技+祟り目が多くなり、ゲンガーの型を判断しなければならなくなった。

つまりラムを持たせて隙を与えなければ、ゲンガーにも有利を取れる。という理論です

思念+鬼火思念HSメガゲンを乱数1発。
メインウェポンがシャドボヘド爆ならば、言うまでもなく有利ですw
素催眠は2発のうち1発かわせばいい。
†素催眠は許さない†

また、メガガル馬鹿力で確定1発(ABだとしても乱数)。

耐久無振りボルトはエッジで中乱数1発。HBボルトもオボン込み低乱数2発。(命中まで考えるとほぼ確定3発だが)

ガブリアスは、剣舞以外は出てきません。(HBだと思われているため?)

スイクンも出てきません。(たぶん草技があると思っている?)


ガルーラの秘密や冷ビ、ボルトの電磁波、スイクンの熱湯にも臆せず戦える点も良いですね。

技を外さなければ!(超重要)
思念の命中は低いので、ポイヒガッサに負けますwww



バシャスイクンあたりがアローガッサになっていても出せるので、対面構築には基本的に強いです。


ラムも読まれず、有利対面では交代読みエッジが刺さるので、easy winもそこそこできます


もうちょっと見た目が良ければ、対戦以外でも使いたいなぁと思います。(要するに強いから使ったった)



サメハダー @サメハダナイト

かそく(がんじょうあご) いじっぱり
147-189(211)-60(90)-×-60(85)-146(156)
アクアジェット/かみくだく/こおりのキバ→みちづれ/まもる


新たなメガ枠。

採用理由としては、前のシーズンでゲッコウガを使っていたのですが、火力のなさに泣いたので、速く、先制技でアローバシャを上から縛れ、火力が高いポケモンが欲しかったことが挙げられます。

タイプも同じだしいいかなーっていう適当な理由も多少ありましたw


ゲッコウガのように、アクアジェットアローバシャに強気に出ることができます

ゲッコウガのように技範囲は広くないですが、噛み砕くの火力が凄まじく、悪の一貫がある相手ならゴリゴリ削っていけます。

メガサメハダーの火力を舐めている人も多く、一貫性を作って3タテするパターンは多かったですw


また、思ったより耐久もあるので、意外と耐えてくれます。

守るがあるので、バシャに関して言えば、膝さえかわせば対面からでも一応勝てますww


序盤は攻撃範囲を意識して、氷の牙を採用していましたが、
中盤から、重いポケモンを強引に潰す道連れを採用。
メガシンカ前の紙耐久と奇跡のマッチングを果たします。


これによって、ボスゴドラとの両選出が可能になりつつ、状況によってどちらをメガシンカさせるか選べるようになりました。

また、道連れを採用することで、オニゴーリに対してTODを狙えます。(道連れ守るの繰り返しだけで20分ほど時間を使えるので、最初から時間を使っておけば狙える。ムラっけで素早さが連続で上がらない限り抜かれることもない。焦れて殴ってくれることもある。)


メガシンカ後のC+15が無駄。特性との噛み合いがないので、AかDに回して♪



カイリュー @ゴツゴツメット

マルチスケイル れいせい
198-155-115-167-120-90
りゅうせいぐん/10まんボルト/だいもんじ/しんそく


一応ヤイリュー()。ただし、神速&10万はありえないwww。

ゴツメカイリューは、あるブログから拝借したのですが、まあ強い。

バシャアローに後出しし、ゴツメ+反動+神速でサメハダーのアクジェ圏内まで削ります。


Hに振ることで、ほとんどの攻撃を1発耐えることができ、対面性能もまずまずです。

ただ、ヤケモンとしては眼鏡が推奨されるように、火力は低く、ゴツメで削れない物理ATには強くありません。

また、普通のヤイリューなら勝てるスイクンやミトムなどにも全然強くないのでその辺も微妙ですねw


種族値をフルに使った構成であり、クッションとしての役割にほぼ特化しています。(一応初手で出すこともありますが)



炎技はカイリュー以外覚えておらず、ハッサムナットの処理を任されたり、マリルリクチートなどのフェアリーも処理するなど忙しいポケモンですが、炎技も電気技も読まれないので、実はそこそこ安定しますw

10万はともかく、炎Pすら警戒してこないです(たぶん鉢巻炎Pが来たら裏で起点にするつもり?)


暴風、地震、馬鹿力など、技スペが足りなくていつも悩みますw

ただ、ヤイリュー同様、ラムや鉢巻前提で動いてくれるので、easy winも多めです。(神速のおかげで、なお特殊は読まれにくい)


自覚が無さすぎたので、パルレでめっちゃ愛でたら自覚を取り戻してくれた愛を感じるポケモン。(なおブリガロンは可愛くないのですぐやめた)





霊獣ボルトロス @こだわりメガネ
CS おくびょう (妥協個体なので実数値は控えます)
10まんボルト/サイコキネシス/きあいだま/くさむすび


上の並びでは、電気や飛行がかなり一貫しているのでそれを切る役割として採用しました。

このポケモンは非常にeasy winが狙いやすいポケモンで、電気無効のポケモンがいないパーティでは、有利対面を作るだけでサイクル崩壊を狙えます。

メガネはあまり読まれないようで、受け出しして眼鏡が判明したころにはサイクル崩壊している、といった状況に持ち込めます。


10万は確定として、

パーティ全体で重いバナやブシンに打て、一貫性が取りやすいサイキネガルーラバンギサザンに打つ気合玉ラグなどを崩せ、カバルドンを吹き飛ばす草結びとしました。

妥協個体なので、めざ氷はありません。(あっても使わないが)

気合玉はあまり使わなかったので、サイクルを回せるボルチェンや、サメハダーとの役割集中を狙える悪波で良かったかもしれません。


基本的に10万、サイキネ、気合玉しか打てないので、サーナイトがめちゃくちゃ重いということに後で気づきましたw



イノムー @しんかのきせき

あついしぼう ゆうかん
207-132-114-×-99-57 (S個体値は18)
じしん/こおりのつぶて/どくどく/ステルスロック


個体は前のシーズンと全く同じです。

他のポケモンと役割が被っている感じが少しあったので、変えるとしたらこの枠だったと思います。

ただ、ステロを撒けてサメハダーやカイリューと補完が良く、マンムーに強い非メガポケモンがほしかったので

そんなポケモンが思いついたら、もっとレートは上がっていたでしょうね(棒)
要するにパーティがこの枠にすべてを求めているのが悪い


ちなみに、氷柱針、地割れ、吠えるなどを考えると、明らかに技スペ足りない。



<結果>

66戦 42勝

最終レート1719
でした。


後半は1900を目指して頑張っていたんですが、なかなか勝てず、重いポケモンに連続で当たったり、10%に泣くなど、運が傾き始め、レートを100溶かしました。

正直欠陥を抱えたまま運用していたので、改善もできないまま限界を感じ始め、このまま終了した形となります。


パーティについては、



選出もバラけており、比較的柔軟な選出ができていたと思います。




このパーティの欠陥としては
・特殊フェアリー(ニンフサナ)の一貫性
 →ボスゴドラでは受けられない
・サザンドラ、ローブシン、フシギバナ、ヘラクロス、ゲッコウガなど、単体で崩されるポケモンが多い。
 →対面処理or道連れでなんとかするしかない
・バトン構築への対処
 →バシャはカイリューで受けていたので、ビルドバトンには1回も勝てませんでした。



なかなか欠陥が多く、我ながら良く勝てたなぁという印象を持っています。(フィルターやマルチスケイル、道連れなどで誤魔化していた?)

型が読まれにくいポケモンが多く、easy winやプレイングミスを誘えたのが良かったのかもしれません。




<感想>

前のシーズンの反省で述べたように、ブリガロンカイリューの並びを維持しつつ、ボスゴドラという自分の好きなポケモンを使って戦えたので、とても楽しかったです!


今回は、7連勝でスタートするなど、非常に1500・1600台での勝率が良く、30戦ほどで1700後半、50戦ほどで1800まで辿り着けました!


私は、1800に行くのは初で、すごく大変なイメージがあったのですが、意外とあっさり達成できたので、これからはもっと気楽に1700台で戦えると思います。

特に、今回は「欠陥構築」を認識しながら1800達成できたので、なお難しいというイメージはなくなりました。


このパーティ自体は、欠陥が多く、マッチング運に依存するところが若干あったので、1900を達成できなかったことに後悔はないです。



とりあえず、シーズン17はレートリセットされてからも一応続くらしいので、トリトグライを使って、楽しみながら上を目指せればいいかな?と思ってます!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まいろ(mironic)

Author:まいろ(mironic)
ポケモンシングルレート勢です!
トリトドンとグライガーが大好きで、勝手に「トリトグライ」と名付けました!
ブログを見て使ってみたい構築がありましたらご連絡ください。QRパーティを公開いたします!

twitter:@girahase

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。