進化の輝石の奇跡の軌跡 2018年11月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモンUSUM s12】毒菱トリトグライ+ボスゴマンタ【最高1727】

シーズン12、お疲れさまでした!

今シーズンは準備する時間がしっかりあったのですが、それ以上にパーティに決めあぐね、中途半端なパーティを組んですぐ解散するのを繰り返していたら全然勝てませんでした。

しかし、なんとか1700までは無理やり上げたので、申し訳程度に記事を上げようと思います。いつも以上に内容が適当(というかそもそも書くことがない)なので時間の無駄だと思ったらすぐにブラウザバックするのが吉です。(自虐)




今回はこんな感じ。
トリトドン/トリトグライグライガー/トリトグライマンタインメガボスゴドラボルトロスペンドラー


組み始めとしては、トリトグライボスゴマンタを中心に考えた時、重いポケモンの多くが毒菱を踏むことに気づき、展開役のペンドラーとまもみが役のボルトロスを入れていろいろいじって完成です。





  gastrodon.gif
 @とつげきチョッキ
ひかえめ よびみず 207-x-102-139-117-60
だいちのちから/れいとうビーム/ねっとう/ミラーコート


おまえそれしか使わんの?なチョッキ型。

真面目な話をすると、チョッキと襷以外の型だと闘Z霊獣ボルトロスが止められないので...なんて裏話。パーティの負担をトリトドンに集めているせいでトリトドンの方に発展がない悲しい仕様。




  gligar.gif
 @しんかのきせき
わんぱく めんえき 171-95-147-x-110-105
じしん/ステルスロック/ちょうはつ/はねやすめ


おまえそれしか使わんの?な環境対応グライガー

HB弱保ガルドにブレード状態から地震を悠々と耐えられてしまうことが何回かあったが、それ以外においては役割を遂行していて流石だと実感した。

選出率は最下位、選出時勝率も最下位というパーティの負け試合を請け負った敗戦処理ポケモン。




  mantine.gif
 @たべのこし
ずぶとい ちょすい 185-40-134-100-160-98
ねっとう/くろいきり/みがわり/はねやすめ


おまえいっつもそれ使ってんな!なマンタイン。

今回は毒菱展開をすることで火力をサポートできることも考え、ミラーコートをみがわりに変更。毒キンシギルガルドや宿木テッカグヤ、ジャイロワンウェポンナットレイ、ラキグライドヒドイデを完封する鬼。

あまりに詰ませ性能が高すぎて、身代わりを1撃で壊せずゲームが終わってしまう陰湿なポケモン。ただ熱湯しか火力がないため、毒菱がないとひたすらターンがかかるので、よっぽどのことがない限り使わないほうが吉。

ナットレイやギルガルドに対して役割を持ってしまったせいでグライガーの役割を奪ってしまったという悲しさも持った慈愛(?)のあるポケモン。




  ボスゴドラ.gif  メガボスゴドラ.gif
 @ボスゴドラナイト
いじっぱり いしあたま(フィルター) 175-178(211)-203(253)-x-80(100)-70
ヘビーボンバー/れいとうパンチ/けたぐり/もろはのずつき


おまえいっつもそれ使ってんな!なボスゴドラ。

メガルカリオのインファ+ミミッキュの剣舞シャドクロを耐えた時は本当に頭がおかしいと思いました。おわり。




  ボルトロス化(けしん・化身)
 @アクZ
おくびょう いたずらごころ 155-x-90-177-100-179
10まんボルト/あくのはどう/みがわり/わるだくみ


本来はまもみが枠。Z枠が余っていることもあり、積みエースにした。

身代わりで毒ターンを稼いだり補助技を透かしつつ悪巧みを積む。Z悪の波動はメガメタグロスをワンパンできる火力があり(H振りなら乱数)、悪巧み→Z悪波であればHBカバルドンやボルトロスに対しても確定を取れるので非常に優秀だった。ラティにも強く一貫性も取りやすいので、格闘Zよりも強い部分も多かったと思う。

ボルトロスを使っていて実感したが、格闘Zボルトロスが一貫している選出を良くされたので、意外とみんな諦めてるんだなぁって。



 ペンドラー
 @きあいのタスキ
ようき かそく 167-136-109-x-89-163
どくづき/じしん/つるぎのまい/どくびし


本来は毒菱役。ボルトロスの型を変更したこともあり、こちらも毒菱と積みのハイブリッドに。

火力こそ剣舞しなければ十分とは言えないものの、見せ合いの時点で挑発や吠える持ちが出されやすいので、殴る機会はかなり多かった。毒菱を見せると完全サポートと思うのか、起点と勘違いしたポケモンたちを剣舞の起点にするという意味の分からないことをやってのけた変なポケモン。

バトン、毒菱、積みエース。どれも対策を要求される見せ合いの強さが光るポケモン。




<最後に>
今回はあまりに雑なパーティ構築だったので、詳しい分析等も一切なし。一言でいえば重いポケモンが多すぎました。

それでもトリトグライボスゴマンタという、いままで7世代で戦い続けてきたポケモンたちのスペックの高さのおかげで何とかなってきたのだと思います。この4体がいれば勝率5割を大きく割ることはなさそうですねw


トリトドンの項でも言ったとおり、この並びが安定し過ぎていて、型を大きく変更するとバランスが悪くなってしまうため、なかなか型を変更できていない事実があります。

ですので次のシーズンでは決してトリトグライに固執することなく、まずは自分の使ってみたいポケモンで勝つことを目標にしていきます。そのうえでトリトグライに回帰できれば、新たなトリトグライを見せられると信じて!


スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン
ジャンル : ゲーム

プロフィール

まいろ(mironic)

Author:まいろ(mironic)
ポケモンシングルレート勢です!
トリトドンとグライガーが大好きで、勝手に「トリトグライ」と名付けました!
ブログを見て使ってみたい構築がありましたらご連絡ください。QRパーティを公開いたします!

twitter:@girahase

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。